スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手続きの色々最終回(ホールインワン)

2011年5月5日に達成した人生初のホールインワン。

その後の手続きについての最終回です。

奇跡の反作用がこないようにという日本独特の風習に従い
祝儀をもらって頂いたり、記念品をもらって頂いたりしんがら
保険金請求用の領収証を集めていました。

個人的な祝賀会は数知れず・・・(^^;
領収証もそれなりに揃いました。
それなり以上の領収証を集め、
保険会社所定の用紙に必要事項を書いて
領収証を見やすいように整理して番号つけたり・・・
保険金額以上の領収書総額にして、
6月17日に保険会社に提出しました。

1件だけ質問とのことで、保険会社より電話が入りましたが
「指摘されそうだよな」って高額領収書の件を指摘され
軽くクリアしました(^^;
(現金を支払っている事実と領収書があるからOKだろ!)

本日、6月28日に目出度く保険金額が入金になりました(^^)
入金になっても、すでに使ったあとですので、これからは
支払に奔走するだけですけどね(*_*)

記念のミニコンペ?ラウンドが来月も再来月もあるので
出費のほうはちょこちょこ続きそうです(T_T)

ということで、ホールインワン保険の入金は(私の場合)
保険請求書類発送日より12日目でした。



次は誰の番かな???!!!









スポンサーサイト

祝賀会

私の記事に時々出てくる『行きつけのバー』でマスターや常連さんとホールインワンの祝賀会をしました(^^)

写真左からZさんご紹介のホールインワン・トロフィーです!!!
実はZさんのブログで紹介されていたトロフィーなんですけど、日本ではどこにも見当たらないので、ますます欲しくなって個人輸入に挑戦してみたんです!!!Zさんに頼もうかとも思ったんですけど、お世話になりっぱなしなので、ここは昔取った杵柄(^^; 貿易なんかやってたりしましたので、、、inquiryなんて単語を10年以上ぶりに使ったりして頑張ってみました(^^;

ちなみに 本体価格$29.95で、送料が$28.00.- でした。

このトロフィーに付属の名盤は小さなものでした。金属加工を生業にしている友人に依頼をしてオリジナルの名盤を作ってもらうことになりました(^^) 

写真真ん中、下 の小さいのは、記念のマーカーです。不肖の弟子?=マスターを始め、ゴルフ仲間に記念に配りました。マスターを筆頭に初心者ばかりですので、ホールインワン達成者を初めて見たという輩もいたりして、喜んでいただけたようです(^^;

写真右は、マスターから記念のワインボトルです。写真ではしっかりとは見えませんが、ホールインワン記念ラベルが貼ってあります(^^) 普段、ワインなんぞというお洒落なものは飲み慣れていないので、随分酔っ払ってしまいました。やはりゴルファーはスコッチでしょうか(^^)




お決まりのところで、Hole in One というカクテルを作っていただきました。

DSC_0050m.jpg



これもお決まりのところでしょうが、祝賀会費用の全額を自己負担して、静かにバーを後にしました。
そうそう!先輩にはシャンパンをご馳走になりましたm(__)m

参加くださったみんなに感謝!
次はご招待してもらおう(^^)




続きを読む

あれからの四方山話

1)挨拶の意味(^^;

 先日、前々から決まっていた練習ラウンドに行ってきました。行ったのは、Aを決めたコースでした。
車をエントランスからフロント前に走らせていると、前の車からゴルフ・バックを降ろすキャディが見えます。遠目に見ても分かりました。Aを決めた時に付いてたキャディさんです(^^)もう一人は、昼からついてもらったキャディさんです。ちなみに、二人で120~130才ぐらいだと思う(^^;

 車を止めると・・・流石にお気づきになって、例のキャディさんはご挨拶に来られました。
「(祝儀を)頂戴いたしました。ありがとうございます。」いえいえ・・・些少で申し訳ないです。・・・

そこで別のキャディが入ってきます。
私もご相伴にあずかりました。ありがとうございます。」
(ほう、、、前の記事の疑問が少し解けたぞ。比率は不明ながら分けるんだな。)
今日は私が持たせて頂きますので、今日もよろしくお願いします(爆)

朝から大爆笑でした。頑張りましたが、ワンピンにも寄りませんでした(^^;

2)ヘッドスピード測定器 

親睦会の面々に記念品としてゴルフ場のショップで使える商品券を贈ったのですが、ある人が早速、ヘッドスピード測定器を購入されました。昼食前にショップから届けられたので、お昼の話題はヘッドスピード一色(^^)
 幸い、私より若手が居たので、説明書を読ませてセッティングや使い方を勉強させました。

 さて、後半のスタートホールはPar5。ヘッドスピード測定器横にティアップします。まずは、ご購入された御本人様から(^^;
 カキィーン。打球は右OBへ。でも同伴競技者の目は測定器を覗き込んでいます(^^)オォ~46m!打者交代。
 カキィーン。打球は右OBへ。でも同伴競技者の目は測定器を覗き込んでいます(^^)45m打者交代。
 カキィーン。打球は右OBへ。でも同伴競技者の目は測定器を覗き込んでいます(^^)オォ~51m打者交代。
 カキィーン。打球は右OBへ。でも同伴競技者の目は測定器を覗き込んでいます(^^)ハァ~41m(T_T)。

 面白かったのは、いくら練習ラウンドとは言え、シングル4人が4人とも右OBへ打ったこと。一人はホントにOBだった(^^;測定器一つでこれだけ精度が落ちるとは、恐ろしいですね。

 やはり、飛ばし屋の若者はいつも通りに振っているように見えて51mも出るんですね!それより情けないのは俺。ヘッドスピード41mとは・・・飛距離が出ないはずです(T_T)

 3ホール目にも測ったんですよ。そしたら39.2m!!40も出ない!スコアなら喜ぶんだけどなぁ。
 で、素振り練習を頑張ろうと胸に誓ったんです!!(まだ一日もしてませんが・・・)

 雨ってことも言い訳になりますが、飛ばし屋君のヘッドスピードは速かったです。(俺が遅すぎ!)


3)ブログ

 1年に10回も記事を書くかどうかのここ数年でしたが、今月はすでに4本目だったりする(^^;

 



では、また!
















  

手続きの色々(ホールインワン)その2

心付けは回収&再配分という倶楽部も

前回の記事中に「キャディへの祝儀はそのキャディの独占?」
と、祝儀の行き先(その後)がまったく不明でした。

昨日、元ゴルフ場従業員の方とたまたまお話しする機会があって、そんな話しを聞いてみました。「他のゴルフ場は知りませんが」という前提条件でしたが、その方の働いておられたゴルフ場(相当、高級なところ)ではお客様からの所謂、心付けについてはキャディ、コース管理、フロント、ホールインワンなどの理由に係わらず、「全て倶楽部側に申告&提出」「その後、再配分」ということだったそうです。再配分の方法までは聞きませんでしたが、黙っているキャディなんかは社長から烈火の如くお叱りを受けたそうです。

 ということがゴルフ場内部の常識なら、お洒落と思った祝儀の分け方も実際の意味はないってことになる(*_*)
我がホームの場合はどうなんだろう・・・次回ついたキャディにそれとなく聞いてみよう。

ホールインワン記念品の贈呈範囲は・・・?
 簡素に済ませるのが望ましいのでは?

 海外では周りからおめでとうと言われて終わりか一杯奢るよ程度だと聞くが、日本でホールインワンを達成すると「自慢話の押し売り」をしたいのか(^^;「厄落とし」なのか、「保険会社の罠」なのかわからないが、兎に角、今現在は(保険に入っている場合は特に)祝儀を配ったり、祝賀会を開いたり、記念品を配ったりという習慣がある。
 当日の同伴競技者や前回お祝いを頂いた方々へ何かを配るとしても、どの辺りのゴルフ仲間まで配って、どの辺りからは配らないんだろう?
 昔々、ゴルフを始めた頃に無理矢理ラウンドをご一緒して頂いた先輩。今はどうしているのか年賀状も交わしていないけどホールインワンの記念品を贈ってくださった先輩。この1年間にラウンドをご一緒したゴルフ仲間・・・色々と考えれば、人数的に不可能というほどの数ではない(*_*)でも、仕事の関係先各位まで含めてくると話が違ってくるし・・・(*_*)。

 前回の記事でも書いた大先輩と珍しく?今後に関しての意見も同じになったので、現状での結論としては、目出度いのは達成した本人。バブルも崩壊したし、赤字まで出して祝う事じゃない。習慣というのは変わっていくもの。変えていこう!って感じ(^^)

 ということで、同伴競技者とキャディ(倶楽部側も含む)、公式競技で達成したので、公式競技で優勝した時にお祝いを頂いた面々、会員権を斡旋してくださった先輩、以上がAクラスのお祝い。
 次にゴルフ上の縁が深いのが年に数回コンペを開いている地元のゴルフ仲間だが、各人への対応ではなく、コンペの賞品を一つ提供させて頂くことで済ませる(^^; 多分、その会でホールインワンを達成したと公言するのは私が初めてのハズなので、悪しき前例とならないように記念品一つで済ませる。二次会での対応は別になるかも(^^;
 
ブログ関係はブログで済ませますのでご了承くださいm(__)m (これまで記念品を頂いた方にはお返しをさせていただきます。)
 さて、逃れられないのが行きつけのバー。いつもゴルフの話をしているので、ホールインワンの話題からは逃れられない。だいたいマスターがゴルフを始めたきっかけは俺?って感じもあるし、マスターが始めると従業員や常連さんも始めたりするし。初心者が多く、ホールインワンって何?ってのまでいてるんだが、そんな輩にまでマスターが「(銀さんが)ホールインワンしはった」って言うもんだから、皆に一杯奢るらされているような気がする(^^;

 ということで、ホールインワンは達成者が最も祝ってもらうこと。一般人の場合、「お裾分け」や「厄落とし」は保険に入っている範囲で赤字を出さないようにするのが相場・通常・一般的です!!周りの人間もこれまで通り品位を以て接してあげましょう。
 将来このページが検索エンジンにヒットするかもしれないので、再度まとめておきます。


ホールインワン祝儀の相場:一般的な場合。保険加入の場合。
◆原則:保険金額内で処理。赤字を出さない。過分は避ける。
◆キャディへの祝儀=~1万円。距離、風向き、グリーンの傾斜、芝目の流れなどなど、どれほど教えてもらったとしても、その通り打てるわけではない。入ったのは単なる偶然。それに打ったのは自分。
◆倶楽部側への祝儀:そのコースのメンバーなら考えてもいいのでは?
◆同伴競技者への祝儀:数千円~ (親しさや保険金額に応じて)。
◆コンペで達成の場合:次回コンペに商品の提供(数千円~1万円)。
◆ゴルフ仲間:話題提供~千円/人。
◆家族への祝い:してあげてくださいね。
◆自分へのお祝い:いっぱいしてあげてください。


ホールインワンの祝儀:セルフプレーの場合

 ネットで検索していると、セルフプレーでホールインワンを達成した人が(保険に入っていなかったので)自腹で10万円以上出して記念品とかを配ったなんてこともあったそうで、、、そこまではちょっとどうかなぁと思いましたので、一筆啓上申し上げます。

 ホールインワンを達成した場合に祝儀を振る舞ったり、記念品を贈るという習慣は日本独自のもので、世界的に見れば特殊な習慣です。そのような華美は行為は、基本的にホールインワン保険に入っており、保険適応の条件に合致した人が行うものであるという社会通念になったほうがいいなぁと思います。
 そこで、もし私がセルフプレーで達成した時や、保険に入っておらずかつコンペなどで達成したときはどうすだろうなぁと考えてみました。

1)基本的に何もしない。
 見ず知らずのコンペに友人の紹介などで招かれた場合は何もせずに帰る。自宅に帰ってから自分一人で祝杯をあげる(^^)が、他人には何もしない。
2)知人のコンペの場合
 同伴競技者も友人・知人の場合。セルフで保険がおりない/保険に入ってないなら、昼食時にビールを奢るか、帰りにコーヒーでも奢って終わりにしてもらう。ガハハ!って笑い過ごす!
3)得意先のコンペ
 上記(1)(2)でやり過ごせないか主催者に聞いてみる。ゴルフ関係のお仕事でないでしょうし、ゴルフなんて遊びなので、まず主催者にどうしたら良いか聞いてみるのが良いと思う。真剣に聞けば聞くほど誰もお祝いをしてくださいなんて言わないと思う。それを真に受けた形にしてしまう。

4)挨拶状:どうしても・・・の場合、こんなんどうでしょうか・・・(^^;

 「拝啓 (時候の挨拶)私儀、この度、●年●月●日に●●CC●番ホール●ヤードに於いてホールインワンを達成いたしましたが、保険には入っておりませんでした。誠にお恥ずかしい話しで穴があったら入りたい気持ちです(汗)。これを機にホールインワン保険に入り、次回達成時には記念品の一つでもお渡しできるよう精進しようと思っております。早速ながら夏坂健著「ゴルフの『奥の手』―名言のホールインワン」を読み始め、ゴルフ道に磨きをかけ始めております。今後ともよろしくご指導くださいますようお願い申し上げます。敬具」

ってな感じでいいんじゃないでしょうか(^^;

 どうしても「品」を渡さないと格好がつかないと考えるのであれば、「ささやかながら記念品に図書カードを同封いたします。ご笑納ください。」とか、上記の挨拶状とともにゴルフ場の茶店でよく見かける「ホールインワン」という名のカップ酒でも送るとジョークに拍車がかかったりして・・・

【一応終わり】次回は保険金請求と入金話しがあるかも








 

手続きの色々(ホールインワン)その1

ホールインワンなんて初めてなので、さぁ何をどうしたらいいのか・・・さっぱり分からない(^^;まさに手探り状態から始まったわけです。ネットで調べても出典が同じと思われる記述のコピペ的なものが多いように感じました。そこで、今後の方のご参考になるかどうかわかりませんが、こんな感じで進めましたよってことをまとめておこうと思います。

1.ホールインワン証明書を倶楽部側に要請
 ホールインワンをした当日にキャディを通じてホールインワン証明書の発行を倶楽部側に要請しました。私のホームコースの場合、所定の申請用紙がありましたので、必要事項を記入したら、賞状のように厚くて金縁の飾りがあるちょっと豪華な証明書を発行してくれました。保険会社への書類は、保険会社の所定のものがあるようですので、この証明書は個人の記念ってことになりそうです。

2.保険会社へ連絡
 ホールインワン保険に加入していることの再確認が取れるまでは、少々不安でもありました。ひょっとして、10年以上掛け続けていたのに、昨年だけ支払を忘れていたってことないよね!!
 保険会社にホールインワンした旨を告げると、必要書類を送ってくれます。保険会社から届いたのは、
 1)ホールインワン証明書:
   倶楽部とキャディ、同伴競技者の署名欄などがある。
   公式競技の場合は同伴競技者の署名は不要だそうだ。
 2)保険金申請書:
   保険金は使った金額に対して支払われる
    =領収書が必要ってことなので、
   祝賀会とか記念品・・・円とかを記入する欄がある。
 3)説明書:
   必要書類とか注意事項とか書いてあるので、熟読のこと。
   上記以外の必要書類としては当日のスコアカード。
   私の場合は競技だったので、アテスト(同伴者の確認サイン)済みのものは提出してしまっていたし、慌てて倶楽部に電話して探してもらった(^^;

3.キャディさんへの祝儀(ホールインワン、キャディ、祝儀、相場)
 検索エンジンで調べると3万円ってのが多い。ここで、ふと悩んだんだな。キャディは何もしてないし、たまたまハーフを持っただけやし、3万円って多くない?それが相場? 実は、1番~9番までは別のキャディだったし、私は自分でクラブを選択するし、ヤーデージも自分で歩測したりして確認する。グリーンのラインもキャディにはほとんど聞かない。ボールマークも自分で直すし、My目土袋を持参してキャディの何倍も目土をしている。ってことで、この14番ホールでもキャディとは口も聞いていないし、5番アイアンも自分で抜いたし、ピン位置も自分で確認をしている。
 この日は午後からもラウンドして、一日で2ラウンドしてハーフ毎にキャディが替わったので合計4人のキャディについてもらったことになる。たまたま14番に居合わせたキャディにだけ祝儀?ってのに抵抗があったし、居合わせてもないキャディに祝儀を渡す所以もないしとかも考えた。祝儀をもらったキャディはどうするんだろう。自分だけがもらう?それともキャディ同志で分けるのだろうか?

 先輩のお洒落な祝儀に習う

 ご多分に漏れず、ホールインワンをしてからというもの、行きつけのバーに通う頻度が上がった(^^;私に夏坂健さんを教えてくださった大先輩もそのバー常連さんだ(俺が連れて行ったのがきっかけだ)が、その先輩からお祝いにと一杯ご馳走になりながら聞いたのだが、この大先輩はホールインワンを2回達成しているそうで、その2回目が昨年の秋頃だったそうな。で、キャディへの祝儀の話しになったのだが、大先輩曰く「キャディへは1万円」だそうな。「そして、キャディマスター室へ菓子代3万円」だそうな。(達成したその日の支払時に倶楽部側の封筒に入れて清算済みとしたってこと。)当日ってのは真似できませんでしたが、お洒落な祝儀だなぁと思ったので、

 真似させて頂きました(^^)

DSC_0027.jpg

お手製のラベルを作って貼りました(^^; 背景画像は当然14番ホールです!日付などと名前も書いて(^^;
で、キャディさんのお名前を書いて、ホームのフロントへ上記1の保険会社からのホールインワン証明書へサインをもらうってことと合わせて言付けました。同時に、コースご一同様へってことで渡しておきました。

まぁ、キャディさんに3万円だけってことよりも出費になりました(^^;1+2でもいいでしょうしね。こんなことは保険金が入るからできることですし、また、ホームコースってこともあって世間様同様にという心理が働きますね。私的には御目出度いことのお裾分けですので、特定のキャディだけでなく、皆さんでっていう心配りのほうがしっくり来ました(^^)

4.同伴競技者への祝儀
 保険会社の書類にプライベートラウンドの場合は同伴競技者の署名をもらわないといけないようです(私の場合は公式競技だったので不要でしたが)。多分、当日に連絡先を聞いておいて祝いの品とともに、書類を送るんでしょうね。で、署名してもらったり必要事項を記入してもらって返送してもらうのだと思います。
 同伴競技者への祝儀ですが、ネットで調べると意外に低いんですよ。3千円とか(^^; キャディの十分の一?
私の場合はマンモス倶楽部の競技だったので、同伴競技者は名前と顔が一致する人が一人だけでしたが、少し多い目の商品券にしました。もし、いつもご一緒している親睦会の面々なら1万円をしていたと思います。

5.親睦会の面々への祝儀
 ホームコースのメンバーが寄って親睦会を作っています。まぁ気の合うゴルフ仲間ってやつです。私が入れてもらっている会は「握り禁止」なので入りました(^^; 当然、おにぎりが好きな方はそのような会に入ってはります。ラスだとか2ダウン自動線だとか難しい計算をされておられるようです(*_*)。
 さて、親睦会の面々からは昔、公式競技に優勝したときに全員からお祝の品を頂きましたので、今回公式競技でホールインワンを達成したということから面々にお返しをしました。多分、頂いた額より多く返していることになると思いますが・・・(^^; 
 ホームコースの公式戦での達成ですので、ホームのメンバー以外のゴルフ仲間への祝儀はまた別に。。。

6.金券、商品券は保険の対象外
 ちなみに、ホールインワン保険の請求には現金は勿論、商品券などの金券の領収書は採用されませんので、注意が必要です。では、上記4とか5の商品券はどのように処理されるのかといえば、、、自分の財布内でそれなりに処理するわけです。

7.記念コンペ
 ホールインワン記念コンペなんかを開催されることがあるようですが、私は当日から「しません」と宣言しておりました。今まで、招待していただいたことはありましたが、本音は結構●×△◆って感じもあるんです(*_*)
 当然ながらコンペの日程も会場も主催者の都合ですから、私の予定とか考慮してくれないですよね、プレーフィーは自腹ですし。行かないと義理が悪いし、行こうと思えば諸事調整が必要ってことでね・・・・
 ということで、記念コンペはしないってことにしてます。大先輩も「そのほうが有り難い。今度予定が合うときにプライベートで行こう(^^)/」ということで、そのほうが私的には感じが良いです。
 ちなみに、記念コンペ代金は保険対象ですが、基本的に達成日より3ヶ月以内だそうです。

【つづく】 かも








FC2カウンター
ブロとも一覧

ゴルフの「ゴ」の字も知らんのに。

まるちゃんゴルフ (^^)/

メタボおじさんの Best Score Challenge V.2
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。